愛情のない親はいない

query_builder 2021/08/29
ブログ

もし、自分は「子育てに向いていない」「子供に愛情が無いのではないか」と思っても本当に愛情のない親はいないと思います。


子供のことで悩む時点で子供への愛情から悩んでいるのだと思います。


その日その日で出来る精一杯のことをされていると思います。



ただ、愛情の表現方法や気持ちの向かう方向がうまくい行く方向ではないのかもしれません。



自分のされてきた子育てしか育児の経験というのはないのがほとんどでしょう。

コミニケーションの方法も親から受け継ぐところが大きいと感じています。


よほど、出産・育児前に


コミニケーションと子供への関わり方

子供の特徴

豊かな愛情表現


というものを知る機会が無い限り自分自身のされてきた子育てを子供にするのではないかと思います。


私は幸い本からたくさんの知識を得ながらそれを実践することが出来ました。(それでも気を抜いて虐待にまでなってしまうことがありました。)



もし私が何も勉強なしに、子育てをしたら


・最初から子供に対してどう気持ちよく愛情表現をしてよいのかわからない。

・子供を大切に、人を大切にするとはどういうことなのかわからない。

・必要な人に援助を求めてもうまくいかず迷惑をかけているんじゃないかと悩んだり


していたと思います。


一日で獲得できるような能力ではありませんが、それでも何もしないよりはよいと思います。



【言葉・感情表現・五感の刺激】が多いほど子育ての環境は良くなり


言葉を文章で、感情をコントロールして会話することを親が心がけることで子供にとって良い環境になっていくと思います。



親の話し方、怒り方、諭し方など親から見てそっくりだと思うことはありませんか?


怒ってしまうときはあるかもしれません。

でも大丈夫です。

「それをされるとこういう気持ちだった」「つぎはこう気を付けて欲しい」と気持ちや考えをきちんと説明してあげるだけで子供は納得してくれます。


ただ、普段からの心からの愛情表現が無いと「私がダメだから」「私は幸せになっちゃいけない」と心をとざした状態では話を聞いてもらえないので愛を表現して伝えることで子供の心は豊かになっていきます。

(「幸せになっちゃいけないと思ってる?」と確認したところそのように思っていそうだったのと、私の幼少期の経験でも「自分は幸せになっちゃいけない」と思っていました。)



普段見ているものから子供は経験を通して学習しているので、親が成長すれば子供も大きく成長するでしょう。



言葉の語彙力・伝える力・表現力・読み解く力・自分自身がどんな感情で今いるのかを知る力など親が変われば子供も変わり


怒らず話し合いで解決できるようになるのではないしょうか?



生きる土台がしっかりとするためにも、【感情表現・言葉・五感の刺激】の豊富にある豊かな環境は必ず必要と考えています。



今が愛情が無くても、無いように感じても

誰でもいつまでもそのままじゃないし、いつからでも変わると決心できれば必ず変われる。


良い時も悪い時も自分の人生なので、悪い時は単にきっかけに過ぎないのかも。


幸せな親子が増えますように。

NEW

  • 自分も子供も大切にしたい、0~3歳のママへ

    query_builder 2021/10/12
  • 子供とリラクゼーションに行くってどういうこと?

    query_builder 2021/09/28
  • インスタグラムで反射区の細かい説明をしています。

    query_builder 2021/09/27
  • 体の疲れのケアや子育て中の息抜き、子育てママが孤独を抱えないためにお店をしています。

    query_builder 2021/09/21
  • 体を固くしない3つの工夫~後半~

    query_builder 2021/09/09

CATEGORY

ARCHIVE