夏の疲労を癒すリラクゼーションサロン

query_builder 2021/07/19
ブログ
夏の疲労

こんにちは、加東市のリラクゼーションサロンはんたふの田部です(*^-^*)


7月も中旬になり暑い日が続いていますね!


暑い日が続くと足のだるさやむくみが増え、疲労感が増しやすくなります。


夏ならキンキンに冷えたビールも飲みたいし、暑い外から帰ってクーラーの利いた室内で幸せ感に浸りたい!


外は暑くて冷たいものがおいしいですよね。


健康のためにはぬるめの食べ物・飲み物を積極的に取って、エアコンをなるべく使わずに寒暖差のない生活を!とは、夏はさすがに言えません。


はんたふでは、季節の楽しみも存分に楽しんで皆様の健康でリラックスした時間が増えることを願っています。


体温を調整するためにエアコンで体を冷やしたり、冷たい飲み物や食べ物を取ることで外気による体への影響と食べ物の影響で、疲労感につながりやすくなります。


暑いと汗をかいたりして体温を調整するために、自律神経は〈交感神経〉を活発に働らかせます。


エアコンを使うと寒暖差によって自律神経の調整がうまくいきづらくなることがあり、自律神経の過剰な働きが疲労の原因になります。


室内と外の気温の差が5度くらいまでの方が「交感神経が働き過ぎて疲れる」ということが少なくなります。


消化や体を休めるのには〈副交感神経〉が優位になります。


消化に適した温度は37度前後で消化酵素の働きが良くなり消化を助けてくれます。


なので食べ物や飲み物も常温が体には一番。

それでもやっぱり、夏は冷たいものがおいしいですよね。


冷たいものは胃の温度調整で交感神経を使うので、〈交感神経〉と〈副交感神経〉の2つの自律神経が同時に働くことが出来ず切り替えを繰り返すことで、切り替えが悪くなると消化不良や胃腸の疲れを引き起こしやすくなります。

そして、睡眠時は〈副交感神経〉が優位になります。


体は目に見えないところで休まず働いています。



夏は、交感神経(活動)も副交感神経(休息)もどちらもたくさん働くので内臓、特に胃腸の疲れから疲労感が出やすい状況になっていきます。


リフレクソロジーはそんな夏の疲れを

『反射区からの刺激で自然治癒力を上げて、血流を良くして働きを元に戻す』という力があります。


是非、夏の疲れを感じたら早めに処理しておくことで

身体がだるい、痛いということを防ぐことが出来ます。


疲れが出るのは体からのサインです。

リラクゼーションサロンはんたふで 疲れ、だるさの悩みから解放されませんか?


お気軽にご相談ください。

NEW

  • 自分も子供も大切にしたい、0~3歳のママへ

    query_builder 2021/10/12
  • 子供とリラクゼーションに行くってどういうこと?

    query_builder 2021/09/28
  • インスタグラムで反射区の細かい説明をしています。

    query_builder 2021/09/27
  • 体の疲れのケアや子育て中の息抜き、子育てママが孤独を抱えないためにお店をしています。

    query_builder 2021/09/21
  • 体を固くしない3つの工夫~後半~

    query_builder 2021/09/09

CATEGORY

ARCHIVE